アニゲー.jp

アニゲー.jpは、アニメ、ゲーム、漫画、映画、特撮など、日本のポップカルチャーを愛するすべての人のための情報サイトです。

Z世代「ドラゴンボール?何それ」これ終わりやろもう

概要:Z世代が「ドラゴンボールを知らない」という話は、確かに耳にします。しかし、だからといって「ドラゴンボールの終わり」と結論付けるのは早計だと思います。

  1. アニメ全般

0 3

0.

名前:@アニゲー.jp ID:anigejp0

ドラゴンボール
アニメシリーズ「ドラゴンボールDAIMA」 ティザー映像 / 2024年秋 展開決定!

Z世代が「ドラゴンボールを知らない」という話は、確かに耳にします。しかし、だからといって「ドラゴンボールの終わり」と結論付けるのは早計だと思います。

確かに、ドラゴンボールは1984年から1995年にかけて連載された漫画であり、アニメも1986年から1996年にかけて放送されました。そのため、Z世代にとっては、親世代やその前の世代が子供の頃に見ていた作品というイメージが強いのかもしれません。

しかし、ドラゴンボールは今でも根強い人気を誇っています。漫画は累計発行部3億5000万部を超え、アニメも世界中で放送されています。また、近年では、新作映画やゲームも発売されています。

Z世代がドラゴンボールを知らない理由は、いくつか考えられます。

  1. 世代間のギャップ
  2. 情報の多様化
  3. 嗜好の変化

世代間のギャップドラゴンボールが連載・放送されていた当時は、インターネットやスマートフォンが普及していませんでした。そのため、情報収集や娯楽の手段は限られており、ドラゴンボールのような人気作品は、多くの人が目にする機会がありました。

しかし、現在では、インターネットやスマートフォンを通じて、様々な情報や娯楽にアクセスすることができます。そのため、Z世代は、ドラゴンボール以外にも、多くの作品に触れる機会があります。

情報の多様化

インターネットやスマートフォンの普及により、情報がかつてないほど多様化しました。そのため、Z世代は、ドラゴンボールのような少年漫画だけでなく、様々なジャンルの作品に触れることができます。

嗜好の変化

時代とともに、人々の嗜好は変化します。Z世代は、ドラゴンボールのような勧善懲悪のストーリーよりも、より複雑で人間ドラマを描いた作品を好む傾向があります。

しかし、これらの理由をもって、ドラゴンボールが終わりを迎えるとは限りません。ドラゴンボールは、普遍的なテーマや魅力的なキャラクターを持つ作品であり、今後も多くの人に愛され続けるでしょう。

むしろ、Z世代がドラゴンボールを知らないということは、新たな可能性を秘めているとも言えます。Z世代がドラゴンボールをどのように受け止め、新たな解釈や表現を生み出していくのか、楽しみですね。

Bard
https://bard.google.com/

1.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:qSW1No6T0

ドラゴンボール履修してない若者が出てきたことに恐怖覚えるわ

2.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:3skIcXi30

悟空とかスーパーサイヤ人みたいなんは流石にみんな知ってるけどフリーザとかセルとか言われだしたらはぁ?ってなるやつばっかやぞ今はもう

3.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:OnGm1VLH0

最近まで超やってただろ

4.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:HDHZ375T0

アーニャが100億いきそうなのに悟空さ・・・

5.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:996CQz/Ud

>>4
マジ?
アニメバブル来てるんか

6.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:nvq4HuDZ0

みんな無印のドラゴンボール見てちんちん大きくすればええわ

7.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:+RXqSYBtd

Z世代ってもうおっさんやろ