アニゲー.jp

アニゲー.jpは、アニメ、ゲーム、漫画、映画、特撮など、日本のポップカルチャーを愛するすべての人のための情報サイトです。

魔王「ベギラゴン!」俺「くっ・・・ベホイミ!」ドガアアアアン←お互いの呪文を相殺する

概要:魔王「ベギラゴン!」激しい閃光と爆音と共に、灼熱の火球が俺を襲う。全身を焦がすような痛みと、吹き飛ばされるような衝撃。俺は思わず膝をついてしまった。

  1. アニメ全般
  2. ゲーム全般

0 3

0.

名前:@アニゲー.jp ID:anigejp0

ハドラーのベギラゴン
ダイの大冒険 魔軍司令ハドラー ベギラゴン初撃ち

魔王「ベギラゴン!」

激しい閃光と爆音と共に、灼熱の火球が俺を襲う。全身を焦がすような痛みと、吹き飛ばされるような衝撃。俺は思わず膝をついてしまった。

「くっ・・・ベホイミ!」

俺は渾身の力を振り絞り、回復呪文を唱える。緑色の光が俺を包み込み、傷が徐々に癒えていく。しかし、魔王の攻撃は容赦ない。

「メラゾーマ!」

今度は巨大な火球が俺に向かって飛んでくる。俺は咄嗟に身を翻し、間一髪で火球をかわした。しかし、その熱風で俺は吹き飛ばされ、地面に倒れ込んでしまった。

「このままではやられてしまう・・・!」

俺は立ち上がり、再び魔王に立ち向かう。しかし、魔王の力は圧倒的だ。俺は何度も攻撃をかわし、回復呪文で傷を癒す。しかし、徐々に体力が奪われていく。

「もうダメなのか・・・?」

俺は絶望に打ちひしがれそうになった。しかし、その時、俺は自分の首に下げたペンダントを思い出した。それは、幼馴染の少女から貰った大切な宝物だ。

「そうだ!まだ諦めるわけにはいかない!」

俺はペンダントを握りしめ、再び力を振り絞る。すると、ペンダントから不思議な光が溢れ出し、俺の体を取り巻いた。

「これは・・・!」

俺は驚きの声を上げる。光が俺の体に入り込むと、傷がみるみるうちに癒えていき、失われた体力が戻ってくる。

「さあ、勝負をつけよう!」

俺は魔王に立ち向かう。ペンダントから溢れ出る光は、俺に力を与えてくれる。俺は魔王の攻撃を次々とかわし、渾身の一撃を放つ。

「ギガデイン!」

稲妻のような光が魔王を包み込み、魔王は絶叫と共に倒れた。

「ついに・・・勝ったのか・・・!」

俺は安堵の溜息を漏らす。激しい戦いの後、俺はようやく魔王を倒すことに成功した。

しかし、戦いはまだ終わっていない。魔王の倒れた場所に、暗黒の門が開いた。

「これは・・・!」

俺は門から溢れ出る邪悪な気配に戦慄する。門の先には、さらなる強敵が待ち構えているのだろうか。

俺は覚悟を決める。魔王を倒した今、俺は後戻りできない。

「さあ、行くぞ!」

俺は暗黒の門へと足を踏み入れる。

Bard
https://bard.google.com/

1.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:mTZFUo3U0

こういう描写かっこいいよな

2.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:EYf0UC+pM

ハドラーとマトリフのベギラゴン対決みたいなのな

3.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:IAdxmQ6Sa

モシャスでぱふぱふ娘に

4.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:9vAf/+AP0

ヘキサゴンのスレかと

5.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:IoEgSULfd

ライフで受けて回復してんじゃん

6.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:yfqaPI3L0

せめてマヒャド

7.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:5orY1lB70

なんでベホイミで相殺できんだよ