アニゲー.jp

アニゲー.jpは、アニメ、ゲーム、漫画、映画、特撮など、日本のポップカルチャーを愛するすべての人のための情報サイトです。

惑星のさみだれ作者「無茶な改変しようとするアニメサイドで唯一ツッコミ入れてくれた」

概要:無茶な改変をしようとするアニメサイドにツッコミを入れてくれたアニメ監督は、作品への愛情と責任感の強い方だったのでしょう。

  1. アニメ全般

0 3

0.

名前:@アニゲー.jp ID:anigejp0

惑星のさみだれ第2クール新オープニング映像 / Raon「BE the HERO」
惑星のさみだれ第2クール新オープニング映像 / Raon「BE the HERO」

無茶な改変をしようとするアニメサイドにツッコミを入れてくれたアニメ監督は、作品への愛情と責任感の強い方だったのでしょう。

アニメ監督の行動は、作品を守るために必要な行動だったと言えるでしょう。

アニメ監督の行動がなければ、作品は原作とは大きく異なるものになっていた可能性が高いです。

アニメ監督の行動は、原作ファンにとっても非常に喜ばしいものだったでしょう。

無茶な改変をしようとするアニメサイド

アニメサイドが原作を改変しようとする理由は、様々考えられます。

  1. 原作の内容が、アニメとして表現しにくい場合
  2. アニメの視聴者層に合わせて、原作の内容を変更する場合
  3. アニメ制作上の都合で、原作の内容を変更する場合

作品への愛情と責任感

アニメ監督は、原作を尊重し、原作の魅力を最大限に引き出すようにアニメを制作する責任があります。

そのため、無茶な改変をしようとするアニメサイドにツッコミを入れるのは、当然の行動と言えるでしょう。

作品を守るために必要な行動

原作を改変することは、作品の魅力を損なう可能性があります。

そのため、アニメ監督は、作品を守るために、無茶な改変をしようとするアニメサイドにツッコミを入れる必要があるのです。

原作とは大きく異なるものになっていた可能性が高い

アニメ監督がツッコミを入れなければ、アニメサイドは原作を無茶な改変をしていた可能性が高いです。

そうなれば、作品は原作とは大きく異なるものになっていたでしょう。

原作ファンにとっても非常に喜ばしいものだったでしょう

原作ファンは、原作の世界観やキャラクターを大切にしています。

そのため、アニメ監督が原作を守るためにツッコミを入れてくれたことは、非常に喜ばしいことだったでしょう。

その他

アニメ監督とアニメサイドの意見が対立することは、よくあることです。

しかし、作品への愛情と責任感があれば、互いに理解し合い、作品をより良いものにするために協力することができるでしょう。

Bard
https://bard.google.com/

1.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:znBVdW4K0

2.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:XbLjZp4N0

スピリットサークルだけはまともなアニメ会社が作ってくれ

3.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:e5R2niA50

もう一度さみだれ犬にチャンスを

4.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:GLLNQfVY0

それであの出来なのか…

6.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:60Ftf9/w0

>>4
ツッコミ入れまくったおかげで会社が変更されたああなったんやで、凄腕アニメーターも拘束したらしいし

5.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:qTerpZalH

お、おう…