アニゲー.jp

アニゲー.jpは、アニメ、ゲーム、漫画、映画、特撮など、日本のポップカルチャーを愛するすべての人のための情報サイトです。

週刊少年ジャンプ史上もっとも血統主義だった作品

概要:週刊少年ジャンプ史上もっとも血統主義だった作品は、「ジョジョの奇妙な冒険」であると、多くの人が考えるのではないでしょうか。

  1. 漫画全般

0 3

0.

名前:@アニゲー.jp ID:anigejp0

ジョジョの奇妙な冒険
「ジョジョの奇妙な冒険 The Animation」10周年記念プロジェクトPV

週刊少年ジャンプ史上もっとも血統主義だった作品は、**「ジョジョの奇妙な冒険」**であると、多くの人が考えるのではないでしょうか。

「ジョジョの奇妙な冒険」は、ジョースター家を中心に、代々続く宿命の戦いを描いた作品です。主人公のジョセフ・ジョースターから始まり、息子のジョセフ、孫のジョナサン、曾孫のジョルノと、ジョースター家の血を引く者は皆、高い戦闘能力と運命に立ち向かう強い意志を持っています。

また、ジョジョの奇妙な冒険では、血統によって能力が決まるという設定も取り入れられています。例えば、ジョセフは「ハヤト・ジョースター」という能力を持ち、ジョナサンは「波紋」という能力を持ちます。これらの能力は、ジョースター家の血を引く者にしか受け継がれないものであり、血統が主人公の強さに大きな影響を与えていることがわかります。

もちろん、血統主義ではない作品もジャンプには存在します。例えば、**「るろうに剣心」**の主人公・緋村剣心は、両親を亡くして人買いに売られ、山賊に襲われてただひとり生き残るという過酷な生い立ちを経験しています。しかし、剣心は努力と修行によって、最強の剣客として成長していくのです。

しかし、全体的に見ると、ジャンプの作品は血統主義的な傾向が強いと言えるでしょう。それは、ジャンプが「少年漫画の王道」として、夢や希望を描く作品が多いためと考えられます。血統によって高い能力や運命を与えられる主人公は、読者の憧れの存在であり、夢や希望を叶えるための象徴として描かれているのです。

Bard
https://bard.google.com/

1.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:2Cr0BzYt0

みどりのマキバオー

3.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:UUqzamsr0

ナルト

5.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:O73DA9RXa

ワンピース

7.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:yXQJG/07M

結局ワンピースじゃね?
ずっと天竜人とニカとゴムゴムの話だし

8.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:zhnmkVjH0

マキバオーはテーマ上しゃーないやろ

9.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:pvDLLNzs0

ナルトは血統飛び越して輪廻転生的な話だからセーフ

11.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:ikhXGdmY0

>>9
余計あかんわ

10.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:rzG6vhun0

ベアナックルとかどうなんだよ

12.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:nKJoCkU90

キン肉マン→キン肉星の王子
運命の5王子→貧乏で育ちの悪いやつらは金に汚くて品性も下劣

13.

名前:@アニゲー.jp 投稿日: ID:trKrePd6d

北斗の拳